介護サービスをうまく利用!混合介護とは

Home / 介護サービスをうまく利用!混合介護とは - , by grega7uk

混合介護とは

介護サービスは2つあるのをご存知の方は、それほど多くないかもしれません。
混合介護という言葉は聞いたことがあっても、実際はどのようなものかわからないという方の方が多いのではないかと思われます。

まずは、2つある介護サービスをご紹介しますと、一つは介護保険を使った一割負担のリーズナブルとも言える介護サービス、もう一つは介護保険適用外の全額負担で、選択肢が豊富にある高品質な介護サービスです。
混合介護は、この異なる2つの介護サービスを受ける事を言います。

つまり、介護保険内のサービスを受けながらも物たりない分を全額負担の介護サービスを受けるというダブルのサービスを受けるのです。
このように、二つの介護が混合してそれぞれの良いところを取っているために混合介護というのかもしれません。

メリットはどんなことか

混合介護のメリットして考えられるのはまず、サービスが充実しているというところで、2つの介護を組み合わせて介護保険のみのサービスとは違う満足度を得ることが出来ます。
なぜならば、介護保険の中でのサービスは最低限のものですから、物足りなさを感じるでしょうから、足りないところを保険適用外の介護で補えるものです。

そして、この介護業界に新しい風を吹かせることになるということも考えられるメリットです。
つまり、こうした混合介護を受ける人が増えれば、介護業界はどんどん新たなサービスを入れやすくなり、業界の活性化につながりますから、介護職員の給料も上がるかもしれません。
そうなると、良い意味での業界での競争が始まり、次々に新しいサービスが増えるでしょうから、利用する側も選べるようになり、今までにないようなより良いサービスを受けられるという可能性が広がるのです。

そして、介護職員の負担も減るはずです。
これまでのように、一人の介護職員が何人もの要介護者を見るのは精神的にも肉体的にもつらいものがあります。
けれども、混合介護が広まって自費でのサービスが多くなり、介護の質が高くなれば、一人ずつの負担は減りますから、仕事へのやりがいも出てくるでしょう。
介護職員が介護の仕事を楽しめるようになれば、退職者にも歯止めがかかるのではないかと思われます。

今後の課題

このように考えますと、混合介護は特典が多く、是非とも受けてみたいと思う人も多いかもしれません。
しかし、全額自己負担というのも厳しい現実で、それほどに介護にお金を掛けるという家庭は少なくないです。

そのようなことを思いますと、より良い介護サービスが出てきて、経済的に人々が負担しやすい介護サービスがあれば最高なことです。
今後の課題は、このようなところにあるといえます。