くつろぎの場所、寝室をリフォームする

Home / くつろぎの場所、寝室をリフォームする - , by grega7uk

寝室のリフォームの目的とは

高齢者にとって、寝室は大事な場所です。
寝るということはもちろんですが、寝室を拠点にして動くようになることも考えなくてはいけませんから、動きやすい場所にしなければいけません。
そして、人によっては1日の大半を過ごす場所になるのでしょうから、過ごしやすい場所にしてあげたいものです。
このようなことを考えますと、高齢者にとっての寝室のリフォームの目的は過ごしやすく、安全な場所にするということかもしれません。

ポイントを挙げてみる

では、寝室を高齢者にとって過ごしやすく安全な場所にするためのポイントを挙げてみます。
まずは、段差をなくすことが大事なので、寝室内はもちろん、寝室の出入り口の段差を見直して、直すべきところは直した方が良いです。
次に、手すりの取り付けも考えなければいけません。
高齢者はふらつくことが多いので、手すりがないと不安になりますし、転んでしまうことも考えられますから、ベッドのそばや部屋の出入り口等に付けた方が良いです。

そして、介護ベッドを取り付けた方が色々な面で便利になります。
たとえば、高さ調節がバリエーションに富んでいるので、頭側のみ、足側のみということもできますし、角度調整によって清拭、着替え、食事も楽です。

介護リフトの設置も重要です。
介護リフトは寝たきりを避けるためのもので、入浴やトイレといった移動時に便利かもしれません。
タイプは天井走行、床面走行があります。

さらに、全面的な介助が必要になったときを考えて、ある程度の広さが必要です。
あまりに狭いと介助者が動きにくくなってしまい、きちんとした介護ができませんから、広さは確保しておいた方が良いかもしれません。

事例のご紹介

寝室のリフォームの事例をご紹介しますので、リフォームを考えていられる方は、良い参考になります。
まずは、押入れをシャワー権トイレに改造するということもできるので、配管工事が必要です。
もしも、寝たきりになってしまったら、お風呂やトイレの移動が困難になりますから、部屋の中にあれば介護の際に便利になります。

また、寝室の隣にトイレを設置するというリフォームもありです。
特に2階の部屋の場合ですが、1階にトイレがあるという場合は階段での転倒が心配ですし、高齢者はトイレが近いので夜中に目を覚まして行くことがあります。
そんな時に、暗闇の中で転ぶことも考えられますから、やはりトイレは近くにほしいものです。

それから、ヒートショック対策も考えた方が良いです。
寒い冬、トイレなどでベッドを立って冷たい床を踏みしめると、温かいふとんから冷たい床に移動したことで、血圧が上がってしまいます。
こういったことはヒートショックというのですが、高齢者にとっては特に気を付けなければいけないことで、脳梗塞の引き金になりますし、1回でも脳梗塞を患った人は再発してしまう可能性大です。
そのようなことを避けるために、床暖房を入れるなどのリフォームが必要でしょう。