事故の予防に!浴室をリフォーム

Home / 事故の予防に!浴室をリフォーム - , by grega7uk

浴室リフォームの目的とは

浴室のリフォームの主な目的は転倒防止です。
浴室は高齢者にとって、身も心も休まる癒しの場所ですが、その一方で危険な場所にもなります。
実は、高齢者の浴室での事故は頻繁に起こっているのです。
その多くは、転倒によるものですから、そういった事故を防ぐために浴室のリフォームが必要になってきます。

転倒は、床が濡れていて滑るということと浴室と脱衣室の間に段差があることが主な原因です。
しかし、リフォームすることで避けられる可能性はありますから、工夫しだいでこういった事故を防げます。
また、ヒートショックという脱衣場と洗い場の温度差でふらっとしてしまう場合もありますから、こちらも工夫すると良いところです。

ポイントを挙げてみよう

リフォームするにあたって、いくつかのポイントがあります。
まずは、浴室を使う人の体の状況を、きちんとチェックすることです。
たとえば、病気の状況などが重要なところで、脳梗塞を発症した人はふらつきがある場合が多いので、手すりをつけたり、段差をなくしたりすると良いかもしれません。
血圧が高い人は浴室と脱衣場とのヒートショックで倒れる場合があるので、脱衣場に小さなストーブを置き、温度差を防ぐ必要があります。

そして、脱衣場から浴室までの移動はスムーズにできるかどうかもチェックしたほうが良いです。
さらに浴室の扉は引き戸にした方が安全なのは、あまり知られていないことかもしれません。
高齢者は力がないので、開き戸よりも引き戸の方が開閉しやすく便利です。

また、若い人なら何でもないようなことですが、高齢者は浴槽をまたぐだけでも、ふらつくことがあります。
少しでもふらつくと、床が濡れていますから、そのまま転倒して頭を打ってしまうこともあるのです。
そういった事故を避けるためには、手すりを付けた方が安全ということになります。

床の施工自体に滑り止めを行うという方法もあります。
このようにすると、床自体がすべりにくくなりますから、安心です。
それから、足が不自由という場合は体を洗う時につかうイスが余り低いものを避けると良いかもしれません。
バランスを崩して転んでしまうと大変だからです。

こうしたリフォームは介護保険の高齢者住宅改修費用助成制度を活用すると良いです。
20万円までは介助保険が適用されますので、詳しくはお住まいの市町村の窓口かケアマネージャーに聞いてみてください。

介護保険対象の事例

では、介護保険対象の事例をご紹介します。
まずはお風呂の手すりですが、またぐ際と浸かった時の補助としてL字型のものの組み合わせが良い様です。

また、段差ですが、介護保険の高齢者住宅改修費用助成制度が適用できますが、特定福祉用具のすのこを利用しても良いです。
そして、ヒートショック防止の暖房器具も介護保険適用になりますので、取り付けることをおすすめします。