快適なトイレにするリフォーム

Home / 快適なトイレにするリフォーム - , by grega7uk

トイレのリフォームの目的

高齢になって、体は思うように動かなくなると一番困るのは行くことの多いトイレです。
そのトイレを行きやすく、転倒をさけられるようにするのがトイレのリフォームの目的になります。

トイレはよく下の世話と言われますが、どんなに年をとっても、体が不自由であっても、他人の世話にはなりたくないものです。
いくら自身の娘や息子でも、そういった下の世話だけは避けたいと思うのが人としての本音ですから、そういった気持ちを大切にしたリフォームをすると良いかもしれません。
だれでも通る「老い」という道ですから、ここで出来るだけの尊厳を侵さないような手助けをしたいものです。

ポイントを挙げてみる

では、ここにトイレのリフォームのポイントを挙げてみますので、ご覧になって参考にされると良いかと思います。
まずは、便器に行くまでの段差がないかどうかということです。
段差があると転倒の可能性がありますし、車いすだと行きにくいものですから、その辺りの解消を考えなければいけません。
次に、ドアの開閉がスムーズにできるかということで、開けにくいドアだったら、開けやすい引き戸にすると良いです。

そして、車いすの人の場合は、スムーズに介助できるような高さの便座かどうかもチェックした方が良いかもしれません。
さらに腰の上げ下げや車いすからの移動の際につかまれるような手すりについても、どのような場所に付けたらよいかチェックすべきです。

トイレリフォームの事例を見てみよう

トイレの手すりはL型の物が使いやすくて良いでしょう。
脳梗塞等を患った人は便器に座る際にふらつくことがありますので、このような手すりがあるとつかまって便器に座る事が出来ます。

補高便座もおすすめの介護用品で、従来の便座に付けて便座の位置を高くすることができます。
この用具は、膝などに痛みがあって自由に動きにくい人、関節リュウマチのために膝が痛いという人の負担を軽くしてくれるのです。

トイレの自動昇降機を設置すると便座を自分で操作しなくても自動的に昇降するので便利ですし、その上に腰の上げ下げもサポートしてくれます。
このタイプの便座の別名ですが、「トイレリフト」となっていて、車イスを利用している人でも楽に使用でき、高さ調節が可能です。

このような手すりや昇降リフト、介助用の手洗い器などは10万から20万でできます。
その他にアームリフト付きの昇降式トイレに切り替えるとなると、工事が必要になり、設置価格込で20万円ほどです。

介護保険をうまく活用して、こういったトイレのリフォームを施すことを考えてみると、今後も役に立つことは間違いないです。
高齢者を守るためにトイレについてはよく考え、適切なリフォームをしましょう。