介護のために玄関をリフォーム

Home / 介護のために玄関をリフォーム - , by grega7uk

リフォームの目的について

玄関のリフォームの目的は転倒防止にあります。
玄関の造りは、その家によってちがいますが、ちょっとした階段があるような造りの玄関は結構多いものです。
そのような玄関は見た目がオシャレな感じで良いのですが、高齢者や脳梗塞等の病気を患った人から見ると、危険極まりないものになってしまいます。
階段につまずく可能性があるからです。

また、玄関に段差があるという家もあります。
その場合も転倒の可能性もありますし、危険です。
このように、玄関のリフォームの目的は転倒防止が主になります。

ポイントはどんなところか

玄関のリフォームのポイントを見てみますと、まずは段差があります。
大抵の家にあるような階段は段差がありますので、これは転倒しやすく危険です。
この段差を小さくしたり、車いすスロープを作ったりする必要があります。

次に、手すりを付ける事です。
手すりがあれば、多少の段差でも手すりにつかまってゆっくり歩けますから、安全を保てます。

そして、扉を引き戸にすることです。
玄関の扉は開き戸と引き戸があるのですが、引き戸にしたほうが開けやすく、しめやすいでしょう。

玄関からスムーズ外にでられるかというところも大きなポイントです。
例えば、玄関から出て階段があると高齢者や体が不自由な人は困ってしまいます。

事例も見てみよう

簡単に自分で出来るリフォームもわりと多くあります。
玄関におく靴を脱いだり、履いたりする際に使える玄関イスという商品がありますので、購入されると便利です。
高齢者は靴を脱いだり、履いたりするのが困難という人が多いので、このようなイスに座ってできると安心できます。
靴を脱いだり履いたりする際に、ふらついて転倒という事故を防げるのです。

次に、ご紹介するのは玄関台で、手すりが付いている物もありますので購入してみると良いかもしれません。
こちらは玄関の段差を避けるために置いておくもので、この台に載ってから玄関に上がるようになります。
靴を置くところと玄関に段差があるというお家でしたら、この台を置くのみでもOKです。

そして、玄関用の手すりもあります。
こちらは、玄関に取り付けるだけで、段差の不安を取り除くので、便利です。
やはり、転倒を避けられますので、段差でつまずいてのケガの危険もなくなります。

こういった商品は、ホームセンターに売っていますので、お店に行って、店員さんに介護用品があるかどうか聞いてみると良いです。
たいていのホームセンターでは、こういった商品を扱っていますから、実際にご覧になって買うのをおすすめします。
仕事等で忙しくて買いに行く時間のないという人はインターネットでも買えますが、寸法を良く測っておくと良いでしょう。
もしも、買ってみて合わないようなものだったら、返品や取り替えが可能かどうかも確認しておくと安心です。