調理をしやすく!キッチンのリフォームとは

Home / 調理をしやすく!キッチンのリフォームとは - , by grega7uk

キッチンのリフォームの目的は何だろう

高齢になって体が思うように動かない、または病気を患ってしまって体の一部が不自由になったという場合でも、料理は好きだからやりたいし、家族においしいものを食べさせたいと思う人は多いでしょう。
そのような場合はキッチンをリフォームすると良いかもしれません。
キッチンリフォームの目的は、体に不自由があっても使えるような使いやすく安全なキッチンにすることです。
そうすることによって、高齢者はいつまでもお料理を楽しんで活き活きできるものです。

ポイントも考えてみる

キッチンのリフォームのポイントを考えてみます。
まずは、座って調理ができるという事で、高齢者や体に不自由のある人はふらつきが気になる場合がありますから、立っていると不安になるのです。
ですから、座って作業できるスペースやシンクの高さ等があると良いかもしれません。

そして、懸念されるのは火災です。
うっかりと火を付けたままにしてしまって、火事になったという事例は多くありますから、火災の危険のないキッチンを考えなければいけません。

事例を参考にしたい

では、どんなリフォームの仕方があるのか事例を出してみますので、ごらんになって参考になさると良いです。
まずはシンク下を活用したリフォームになるのですが、車いすやいすを置くスペースがあって足も入るようにしたという事例があります。
このようなシンク下ですと、車いすやイスが置けて便利ですし、座っての作業が出来るので疲れないです。

また、シンク前に手すりを設置するというやり方もあります。
このようにシンク前に手すりがあると本当に便利で、キッチンに移動する際にちょっとつかまったり、座って調理する際にも手すりがあれば便利でしょう。

そして、火災の心配を軽減してくれるのがIHクッキングヒーターです。
その理由ですが、IHクッキングヒーターは火を使いませんから、火災の心配はありません。
逆にガスコンロですと、火が発生してしまうので、注意力が落ちている人が使うのは危険です。

さらに付け加えますと、IHクッキングヒーターはフライパン以外のものを置いても熱くなりませんから助かりますし、フライパンや鍋を調理が終わってどけるとすぐに熱が冷めます。
このようなことから、IHクッキングヒーターを使うようなキッチンにリフォームすると良いかもしれません。

また、キッチンには電子レンジ。オーブントースター等のいろいろなスイッチがありますから、そういったものを一か所に集中させると動きが少なくて済みます。
そして、シンクの高さ、調理台の高さ、コンロの高さなどを座ってちょうどいいように、通常より低くすると調理が素早くできるかもしれないです。

このように、様々な方法でキッチンを使いやすくリフォームすると、いつまでも料理が楽しめてストレスフリーになるかも知れません。
そして、料理によって脳が確実に活性化されるのは間違いないことです。