特別養護老人ホーム

Home / 特別養護老人ホーム - , by grega7uk

重度の要介護者の長期入所

特別養護老人ホームは重度の要介護者が長期間入所することができる施設のことです。
地方自治体や社会福祉法人などによって運営されており、公的な施設です。
重度の要介護者の方達が暮らしています。

介護を常に受けなければいけない人達が介護を受けながら快適に暮らしている場所です。
生活をするための援助を受けるだけではなくて、レクリエーションが用意されてあったり、楽しく生活できるための環境が整えられています。
その代わり、入所基準は高く設定されており、一度入所した方は残りの余生をそこで生活し続けることができます。

医学的なケアを受けることは限定的となりますが、要介護者が幸せな余生を過ごすための場所となっています。
家族にとっては介護の負担を減らすことができるため、とても都合の良い施設です。
そのため、多くの方が特別養護老人ホームへ入所したいと考えています。
しかし、入居難易度は高いため、誰でも気軽に入れるわけではありません。

特別養護老人ホームのメリットとデメリット

特別養護老人ホームのメリットの一つは料金がそれほど高くないことです。
まず、初期費用を心配する必要がないため、最初の負担はかなり小さいです。
月額利用料を支払うことになりますが、5万円から13万円程度となっていることが多く、有料老人ホームよりも費用がかかりません。

入居一時金を支払う必要がない点もメリットとなっています。
長期入所することができるため、月額利用料さえ準備できるならば、安定した環境の中で介護を受けながら生活ができます。
レクリエーションが充実しているため、生活をするための楽しみがあります。

ただし、特別養護老人ホームへ入所するためには65歳以上であり、要介護度が1以上であることが条件となっています。
さらに、長期入院を必要としないことや、伝染病をはじめとした疾患にかかっていないことも条件です。
地域や施設ごとに細かい条件は異なっているのですが、基本的に厳しくなっているため、誰でも簡単に入所できるわけではありません。

医学管理下でのケアや認知症への対応などはあまりされておらず、基本的には寝たきり状態となっている方がケアを受けるための場所となっています。
カウンセリングを受けたり、職員から掃除や買い物、洗濯のサービスを受けたり、リハビリテーションを受けることも可能です。
共同設備や共同生活室が用意されており、居室の中にはキッチンやトイレといった設備はありません。

また、場合によっては個室が用意されていなかったり、ユニットが設定されていないこともあります。
細かい部分についてはそれぞれ異なっているため、事前に確認しておくべきでしょう。
申し込みをしたとしても、さまざまな条件を審査されて、それに通ることができなければ入所できません。