介護療養型医療施設

Home / 介護療養型医療施設 - , by grega7uk

入居一時金が不要

介護療養型医療施設は少ない費用で要介護者の受け入れをしてくれる施設です。
医学管理下での充実したケアを施してくれて、機能回復訓練を提供します。
介護療養型医療施設は医療法人によって主に運営されており、重度の要介護者を受け入れる点が特徴的です。

施設内では基本的な介護サービスが提供されるのですが、基本的には医療機関であり、医学的に管理下においてのケアが中心となります。
したがって、状態を改善させることが目的となっており、終身制となっているわけではなく、回復すれば退所しなければいけません。
介護療養型医療施設には色々なメリットとデメリットがあります。

まずメリットとしては充実した医療ケアや機能訓練を受けることができる点です。
そのため、自立して生活できるような状態へ早く戻りたい方にとってはとても好都合です。
利用料は比較的安くなっており、入居一時金を用意する必要もありません。

デメリットとしては、入居するための難易度が高く、ほとんどが多床室となっています。
また、レクリエーションはほとんどなく、基本的には機能回復のために療養することが目的の施設となっています。
介護療養型医療施設についてはこちらのサイトで詳しく解説されているため、参考にしてください。
>>介護療養型医療施設とは

介護療養型医療施設のサービスについて

介護療養型医療施設長期間にわたって療養や介護を受けることができます。
リハビリを行いながら、早く健康的な状態へ戻ることを目指します。
初期費用は必要なく、月額費用については9万円から17万円ほどが目安となっています。

入所するための基準としては年齢は65歳以上であり、要介護レベルは1から5までが基準となっています。
認知症にも対応しており、基本的に共同生活を送ることになります。
収入については少ない方の方が優先されるため、経済的に困っている方でも利用できます。

医療に関するケアが充実しているのですが日常の掃除や買い物、洗濯といった生活援助に関するサービスはあまり充実していません。
そのため、基本的に医療機関の提供するサービスであると理解しておきましょう。
病院に併設されていることも多く、居室や浴室、トイレなどは共同となっていることがほとんどです。

ほとんどの居室は4人部屋となっているため、他人と協調して生活することができなければいけません。
定員のほとんどが埋まっているため、入所するのはなかなか大変な状況となっています。
数カ月程度待たなければ入所できないことも珍しくありません。
それぞれの施設に現在の状況を確認して、一体いつになれば入所できるのかをはっきりさせておきましょう。