訪問介護

Home / 訪問介護 - , by grega7uk

一人暮らしの高齢者

訪問介護とは家の中で訪問介護員や介護福祉士からさまざまな介護サービスを受けることができることです。
住み慣れた家の中でサービスを受けることができて、日常生活をサポートしてくれます。
入浴や排泄、食事の準備、洗濯や掃除などを行ってくれるため、一人暮らしの高齢者でも安心して生活できます。

身体介護の提供を行っています。
身体介護とは、利用者に接触して行うサービスのことであり、自立支援のために日常生活動作能力や意欲を向上させる目的で行われます。
これによって、単に介護を受けるだけではなくて、自分自身の力で生活できるように機能回復を目指すことができます。

家族がこれまでにやってきた介護については、訪問介護のスタッフにすべてを任せることができます。
生活援助のサービスを提供しているため、日常生活を送るために必要なことはすべてサポートしてくれます。
要介護1以上の認定を受けている方は、訪問介護を受ける資格があります。

生活に関する相談を受けたり、アドバイスしてもらうこともできます。
上記以外にも日常生活のために必要な世話を行ってくれます。

訪問介護サービスを利用する

訪問介護サービスを利用するためにはお金がかかります。
たとえば、身体介護を30分から1時間受けるならば、1回あたり404円程度かかります。
生活援助の場合は45分以上で236円程度かかり、サービスの種類や提供事業所などによって細かい料金は変化します。

訪問介護を受けたいならば、それぞれの市区町村の窓口で相談をしましょう。
あなたやあなたの家族の状況を伝えることによって、適切な案内をしてくれます。
訪問介護を受けるためには、まず要介護認定の申請をします。

役所

要介護認定とは、それぞれの高齢者の状態を調査して、どの程度の介護を受ける必要があるのかを判断してくれる制度のことです。
聞き取り調査を行ったり、訪問調査をして、心身状態をチェックします。
かかりつけ医に対して意見を求めることもあります。

最初はコンピュータによって判定を行い、その後は介護認定審査会においてどの程度の介護が必要であるのかを審査します。
最終的には要介護1から5、要支援1と2、非該当の8つの区分の中から判定されます。
申請から30日程度で結果が通知されてきます。

認定の有効期間は半年間となっており、それを過ぎてしまうと更新申請をしなければいけません。
要介護1から5の場合、居宅サービスを希望するならばケアプランの作成を依頼しましょう。
要支援1と2の場合は介護予防ケアプランの作成を頼みましょう。

そして、サービス事業者はそのケアプランの内容に基いてサービスを提供します。
サービスに関しては一定期間ごとに見直しを行うため、常に最適な介護サービスを受けられます。