老人保健施設

Home / 老人保健施設 - , by grega7uk

家庭へ復帰を目指す

老人保健施設は老健と呼ばれることもある施設のことです。
介護を受けなければいけない高齢者の自立を促すための施設であり、家庭へ復帰することを目標とします。
医師からきちんと管理を受けて、介護や看護のケアはもちろんのこと、リハビリテーションや日常サービスの提供を受けることができます。

利用者それぞれに合ったサービスを提供して、夜間まできちんと対応できる体制が整っています。
専門スタッフが常駐しており、緊急の事態が生じたとしてもすぐに対応できる場所です。
要介護認定を受けていて、入院治療の必要がなく、病状が安定していて、リハビリテーションを受けなければいけない方が利用できます。

利用者のことを一番に考えたサービスを提供しており、地域に開かれた施設となっています。
在宅ケアを支援するための拠点として機能しています。
365日24時間ずっと運営している施設であり、入所型です。

65歳以上であり、要介護1から要介護5の方までが入所しています。
自立できると認定されたり、要支援になった場合は退所しなければいけません。
特定疾病に認定されている場合は、40歳から64歳の方であっても入所できる可能性があります。

認知症に関しては基本的に考慮しないのですが、集団生活をしなければいけないために迷惑をかけないことが大切です。
もし入所した場合に、他の入所者に対して危害を加えたり、迷惑をかける可能性のある場合には、入所を断られる可能性があります。
詳しいことについてはこちらのサイトで解説しているため、参考にしてください。
>>介護老人保健施設とは

どのような役割を果たしているのか

まずそれぞれの施設によってサービスの詳細は異なっています。
送迎を家族がしなければいけなかったり、家族が洗濯をする必要のある施設もあります。
基本的には、一生涯に渡り入所できる施設ではなくて、在宅復帰を目的としています。

そのため、3ヶ月ごとにケアプランを作成して、どのようにすれば元の生活に戻れるのかという点をきちんと考えます。
そして、自立して生活をすることができて、退所しても問題ないと判断されてしまえば、それ以上入所はできなくなります。
リハビリテーションを中心としており、医療サービスを受けることができます。

理学療法士や作業療法士といったリハビリの専門家が配置されています。
施設内では、日常生活を送るためのサポートをしてくれます。
対処後もきちんと生活ができるように、ケアマネージャーからの相談援助を受けることができます。

特別養護老人ホームは基本的に終身に渡る援助をする施設であり、老人保健施設とは異なります。
介護サービスの種類はとても幅広いため、それぞれの施設に疑問点をきちんと問い合わせるべきでしょう。