幸せな葬儀を考える

Home / 幸せな葬儀を考える - , by grega7uk

最期を見送る

介護をしている方は将来の葬儀のことについてもきちんと考えておきましょう。
できれば本人ときちんと相談をしながら決めておくべきです。
そうすれば、急に亡くなった時にでも慌てずにどのように対処すればいいのかが分かります。

葬儀には色々な方法があります。
たとえば、直葬、あるいは火葬式という方法があります。
これは葬儀をせずに火葬だけで見送ることです。

日本では死亡してから24時間以内に火葬することはできないため、必ず遺体は納棺しなければいけません。
葬儀をしなくてもいいと考えている方は現在たくさんいるため、火葬祭を行っている人も増えています。

家族葬という方法もあります。
こちらは本人が死亡したことを広く知らせず、家族や親族、あるいは親しい方のみでの葬儀です。
本来、葬儀というのは身内だけで行うもののため、これが正確な方法ということになります。
友人や知人が参加するものは告別式と呼ばれて区別されています。

家族葬のメリットとしては、参加する人の数を確定することができて、予算の変動が少なく、日程も自由に決定しやすいです。
人数が少ないことで落ち着いた状態で故人とお別れすることができます。
費用を抑えることが可能であり、経済的です。
家族葬について気になる方はこちらのサイトをチェックしましょう。
>>家族葬は信頼の葬儀社【公益社】

家族葬について

家族葬はこれだけで一つの葬儀として完結しており、密葬とは異なり本葬をしない点に特徴があります。
ごく少数の参加者に限られており、身寄りのない方の場合は葬儀社のスタッフ一人だけというケースも。
葬儀場で葬儀を行って、その後に火葬されます。

家族葬というのは小規模な葬儀を総称したものであり、特定の葬儀の様式や宗教形態を指すものではありません。
そのため、宗教儀礼として行われたり、無宗教式で行われることもあります。

墓地

費用に関しては確かに抑えることができますが、家族葬であっても、普通の葬儀で使われるものと同じ祭壇や棺が用いられるため、必ずしも費用が劇的に安くなるわけではありません。
デメリットとしては、周囲に知られないように行うため、自宅や集会所で葬儀をすることは基本的に難しいでしょう。
しかし、公営の式場を使ったり、葬儀社を利用するとそのための費用がかかります。

また、後日苦情を言われることもあります。
弔問客が後日ばらばらに訪れることがあるため、そのための対応に苦労することがあるかもしれません。
家族葬に関してはそれほど費用が安くならないことを理解しておきましょう。

家族葬で行うことを関係者に伝えるのは本来の意味から考えると本末転倒です。
一般葬との違いをよく把握していない方も多いため、気をつけましょう。