介護のパターンを知る

Home / 介護のパターンを知る - , by grega7uk

どのケースが当てはまるのか

介護にはいくつかのパターンがあることを理解しましょう。
色々なパターンを知ることによって、介護がやりやすくなります。
具体的な例を知ることにより、自分のケースでは一体どれが当てはまるのかを考えることができるため、それぞれに適切な対処ができるようになるでしょう。

パターンというのは自分とどのような関係にある相手を介護しなければいけないのかということです。
まず、自分の父親が要介護状態になってしまうケースがあります。
この場合は、同居している母親や兄弟姉妹と協力をしながら介護をすることになります。

自分の配偶者やあるいは子供達にも協力してもらうべきでしょう。
母親が要介護になった場合も基本は同じです。
ただし、母親が要介護になってしまうと、残された父親は家事全般をあまりできない可能性が高いです。

この場合は一緒に父親の面倒を見なければいけないこともあるため、気をつけましょう。
父親が要介護になるよりも、母親が要介護になる方が一般的には負担が大きいのです。
子供の面倒を見た経験がほとんどないことが多いため、どのように介護すればいいのか途方に暮れるパターンがあります。

きちんと父親へのフォローをしながら介護をしましょう。
自分の配偶者の父親が要介護になるパターンもあります。
この場合は、基本的には相手の家族に任せることになるのですが、必要なサポートはするべきでしょう。

きちんと役割分担をしないとトラブルが発生することが多いです。
特に嫁姑の関係が悪い場合には苦労することがあります。
配偶者の母親が要介護になるケースもあります。

これも基本は配偶者の父親のケースと同じです。
このように色々なパターンを想定しておくべきでしょう。

パターンに適した介護をする

自分の兄弟姉妹が要介護になる可能性があります。
この場合は、両親は既にかなり高齢になっていることが多いです。
もし兄弟姉妹が結婚しているならば、そちらの家族に基本的に任せるべきでしょう。

しかし、兄弟姉妹が独身の場合は自分が中心となって面倒を見なければいけないかもしれません。
ただし、あまりにも無理に介護をしようとしてしまうと、大変です。
積極的に介護サービスや介護施設を利用するべきでしょう。

配偶者の兄弟姉妹が要介護になった場合も基本的な点は変わりません。
もし、自分自身が要介護になったらどうすればいいのでしょうか。
この場合は、あらかじめどんな介護をしてほしいのかを考えておいて、それを自分が元気な時に家族に伝えておくべきでしょう。
将来的なことを見通して、色々なケースについてどのような対処をするべきなのかを考えておくことは大切です。