着替えのコツ

Home / 着替えのコツ - , by grega7uk

急に介護が必要になった時、あせらず介護ができるように

一緒に暮らしているご高齢の方が例えば階段から落ちて介護が必要な状態になったり、ボケが始まりこれから介護の必要性が出てくると考える時、介護の方法を教わる事が出来ない状況にあれば、介護の仕方があっているのか、これから介護するに当たりどのようにすればいいのか、迷う方も多いと思います。

介護の必要性に迫られていれば、自己流で行うしかないという状況の方が多いので、何も知識のないままに介護されていることでしょう。
介護する側にとっても非常に労力が必要な事となりますし、介護される側としても介護が快適なものになっていないかもしれません。

体の動きが自分で自由にならず介助が必要となった方、身体介助が必要な場合、介護を行う方の身体の負担ということも考えなくてはなりませんし、介護される側の負担も考慮しなければなりません。

日常生活で毎日行う着替えの介助

日常生活の中で毎日行う必要があるのが、着替えの介助です。
着替えを介護の中でしっかり行う効用としては、全身の皮膚の状態などを確認できる機会となり、皮膚を清潔に保つことができるという効用と、介護を受けている方が気持ちよく、また着替えを行うことで生活にリズムを付けることができるという効用があります。

着替えは日常生活の中で、寝たきりとなっている方でも、朝が来て着替えを行うことで生活が始まるというメリハリやけじめにつながりますし、気分転換になります。
また着替えを行うことで、汗などをかいた衣服が取り替えられ、気持のいい毎日を送るということにもつながります。

着替えしやすい洋服を選ぶことがポイント

着替えの介助を行う第一のポイントが、着替えしやすい衣服を選ぶということです。
少し大きめのサイズを用意するとか、ボタンがないものを選択する、スポッとかぶる事が出来る衣服などを準備されるといいでしょう。

麻痺があるという場合には、着替えによって痛みを感じることもあるので、衣服が着脱しやすいということが最も重要なポイントになります。

着替えのコツ、動きやすい部分から着替えさせる

この衣服の着替えの介助については、脱健、着患という介護の用語があり、体が麻痺をしている、痛みがあるという患者さんについて、麻痺がない動ける側、健側と呼ばれる方から着替えをさせるという方法があります。

右に麻痺などがある場合、右が患部ということで患側です。
脱がせるときには健側、着させる時には患側から行うということが重要ポイントです。

右に麻痺がある方の上着を着せる場合、麻痺がある右側に介護者が手を添えて、関節の可動域を確認しながら袖を通す、右が通ってから左を行います。
脱がせるときには左から脱いでもらい、右を最後にします。

こうすることで介護が必要な方も痛みや違和感などできる限り少ない状態で着替えが出来、介護者も負担なく着替えを行うことができるのです。

関節を支えて解除する

麻痺している側を引っ張る様にして行うと、関節を痛めてしまうことがあるので、肘、手首などの関節をしっかりと優しく支えて、それから着替えさせます。
手足に麻痺などの障害があっても、動かせる部分は自分で動かしてもらうことがリハビリともなりますので、関節を支えておいて自分でできる部分は自分で行ってもらいます。

衣服の着脱についても、患者さん、被介護者にとっては訓練となり、日々の生活の向上を目指すものとなりますので、何もかも介護者がおこなわないように行うことがポイントです。