不潔行為・弄便(ろうべん)の対策方法

Home / 不潔行為・弄便(ろうべん)の対策方法 - , by grega7uk

介護するご家族にとってストレスの多い不潔行為・弄便行為

介護するご家族にとってはこの不潔行為、弄便はやりきれない気持ちになるストレスの高い行為です。
しかしこの行為も被介護者はやろうと思ってやっているのではなく、勝手にしてしまっているのです。

自分が排泄した便をいじり、壁や床などにこすり付ける行為を弄便といいます。
おむつを外してこのような行為を行い、自分の身体はもちろん、壁などになすりつけるなどの行為をしてしまう方もいます。

直接的な原因としてはおむつに排便するということによる不快感だとされています。
おむつに排便をしたとき、介護者にしっかりと伝えて交換できればいいのですが、中には意識レベルが低くなり、伝えるということも難しい場合があります。

不快感をなんとかしたいと無意識のうちにおむつを外し、出てしまった自分の便を処理しようとして便をいじってしまったり、自分の手についた便を汚いと感じて壁にこすり付けるなどの行為をしてしまうのだと予想されています。

排便をトイレでできないか?

実はこの方便を行う被介護者に困りおむつをやめてトイレで排泄できるようにしたとき、便をトイレからつかみ出して弄便することは行わず、しっかり排便できた、行為もしなかったという方も多いと聞きます。
おむつに排便させていることが不快感となって弄便行為を行うということを考えて、トイレにチェンジしてみると、トイレから便を掴みだすような行為はしなかったというのです。

こうした弄便という行為はおむつをされている被介護者が起こすものといわれています。
ご家族にとっては、排便させるという介助が面倒ということもあるかと思いますが、壁に塗った便を掃除するよりもずっと面倒がない方法だと思います。

便をなすりつける行為が始まったらポータブルトイレの利用なども考える

弄便行為をされると、ご家族はとうとうここまで来てしまったのかとショックですし、中には口に持っていこうとする異食行動も起る方がいるので、介護が本当に大変になります。

ご家族にとっては便をなするというありえない行為にびっくりされ、またこうした行為をしないように文句を言ったり、しかりつけるということもあるようです。
お気持ちはすごくよくわかりますが、この行為も、自分が不快だと感じて無意識のうちに、不快感を取り除くために行っている行動です。

こうした行為をしないようにするために何が必要なのか考え、だいたいする時間がわかっているようなら、トイレに連れ出すということも行ってみる必要がありますし、ポータブルトイレを近くにおいて、排便を促すということで、弄便というショックな行動をしなくなることも考えられます。