被害妄想と物盗られ妄想の対処について

Home / 被害妄想と物盗られ妄想の対処について - , by grega7uk

被介護者に多い被害妄想と物盗られ妄想とは

ヘルパーさんなどとして介護に従事されている方で、在宅介護されている居宅にいき、介護している中、財布を盗られたとか、嫌な事をしたなど、まったく身に覚えのない事を自分のせいにされたという経験をお持ちだと思います。

こうした被介護者に多い被害妄想や物盗られ妄想は介護の現場の中でもよく知られていることです。
現金や財布、預金通帳などの大切にしている物を本人自らどこかに仕舞い込んだのに、それを人が盗った、持っていったと妄想します。

いくら探しても見つからない、自分がいつも置いているところにないのだから、きっと誰かが持っていったんだと妄想し、物盗られ妄想状態となります。
認知症を患っている人の中には、被害感を強く持っている方が多くこの場合、物忘れと重複し被害妄想などがひどくなることもありますし、人にものを盗られたと勝手に妄想してしまうこともあります。

辛抱強く対応することが求められる

環境が変わった、介護する人が変わったという状況などでもこうした被害妄想などが起ります。
本人はいくら、介護する人が変わったと紹介されても、物忘れが激しい状態となっているので、そんな人紹介されていない、疑わしい人がやってきたと勘違いし、妄想となってしまうことも少なくありません。

本人がその変化についていけていない時には、周囲の人に対して疑心暗鬼となっていますので、不安定な心理状態となる状況を打開する必要があります。
しかし介護している人を元に戻すということも難しいことが多いので、粘り強く、今の状況を把握してもらうということ対応が必要となります。

一定期間本人が疑っている状態が継続しますが、被害妄想も物盗られ妄想も、やがて自然になくなっていくことが多いといわれています。
中にはしつこくずっと、この人がものを盗ったと妄想している人もいて、この場合、とっていませんよという軟らかい態度で気長に対応していくほかありません。

ご家族が柔軟に被介護者の様子を見ておくことも必要

被介護者は介護されているという自覚を持っていない方も多く、ぼけていないのにみんなで人を馬鹿にして、と思っている方も少なくありません。
この場合、誰かに通帳を盗られるかもしれないとか、誰かにお財布をもっていかれるかもしれないとどこかに隠してしまうこともあります。

ご家族は容易な事ではないと思いますが、こうした被介護者の行動をしっかり見ておき、どこにしまったのか?後からこっそり調べておくことも必要かもしれません。

しっかりとよく介護してくれている方に、物を盗ったと責めれば、ご家族は申し訳ないと思いますし、何とかこの状況を打開したいと考えますが、人によってこの症状が長く続くこともありますので、被介護者の普段の様子をしっかり見極めておくということも必要なのです。