徘徊と退行を確認したら気を付けること

Home / 徘徊と退行を確認したら気を付けること - , by grega7uk

家族が悩む徘徊、さらに退行という症状とは

在宅介護をされている多くのご家族が悩むことの一つに、徘徊という行動があります。
自宅から出て当てもなくふらふらと歩きまわり人によっては警察が保護するということもあるのですからご家族としては最も困る事になるのかもしれません。

家族がいないということに気がついて家族を探してもいない、周辺を歩き回るうちに迷子になり警察に保護され、ご家族に連絡が来るということもあります。
周囲の方が介護されている方だと知り、家に連れてきてくれたなどがあると、隣近所の方にも迷惑をかけてと、落ち込む要因となる事もあります。

徘徊や退行は当てもなく目的もなくふらふらと歩きまわってしまいますし、いつこのような行動に出るのかもわからないのでご家族としてもずっと見張っているわけにいかず、困り果てているということも少なくありません。

徘徊には2種類ある

徘徊については、見当識障害によって起こるものと、本人が認識されている現実と実際が異なっているということから起るものがあります。

見当識障害よるものは、買い物をしようと外出したけれど何を買いにどこのお店に行くのか忘れてしまい、その上、自宅に戻ろうにも自宅に帰る事が出来ずに困ってしまうというものです。
この場合、徘徊というよりも見当識障害による迷子状態ともいえます。

例えば自宅にいるのに家に帰らなくてはと考えて外出してしまい、どこにいるのか?わからなくなってしまうということ起り、これが本人の認識と現実とのずれによる徘徊です。
本人に聞いてみると、昔独身の頃に暮していた家に帰らないと・・・つまりこの場合、自分の記憶が退行していて、その記憶から今の家は自分の家ではないと感じ、自分が暮らしていた以前の家に帰ろうとしていったということがわかります。

現実汚世界から過去に戻っている状態で、認知症の場合には子供に帰っているとか、退行症状が出てきていると考えます。
戻っているのは過去と限らず、仕事に夢中になっていた頃、恋愛していた頃などの事もあるので、非常にわかりにくくご家族にとって困惑してしまうこともあります。

施設に入所されている方は帰宅願望が高いため対抗症状や徘徊を起こす

施設に入所されている方は、家に帰るといって騒いだり、家に帰らないと・・・という帰宅する気持ちになり、この帰宅願望から勝手に外出し行方不明になるということもあります。
家を出ていこうとしたとき、強引に引き止める、また閉じ込めるなどすると、なんとしてもこの家を出なければという気持になってしまうことも多いようです。

退行、徘徊にならないようにするため

環境の変化などによって徘徊や退行が起るということも少なくありません。
例えば介護施設に入った途端、徘徊行動が起きたとか、退行が起きているということなどもあり、この場合、家に変えるといって迷子になる事もあります。

またこうした症状の根本的な部分には、脱水という部分がありますが、脱水していることに気が付かずそのまま意識レベルが低下し、その中で退行していたり、徘徊という行動になる事もあるようです。

この場合、ご家族はとにかく一緒に行動するということが介護となります。
どこに行ってしまうのかわからない状態となりますので、外出する時など、ちょっと後ろからついていくなどした方が安心です。

徘徊で夜遅くに近くの道路を歩き回り、交通事故となってしまうこともあります。
ご家族は大変だと思いますが、被介護者の行動をしっかり見守っておく必要があるでしょう。