変形性膝関節症

Home / 変形性膝関節症 - , by grega7uk

変形性膝関節症の原因

変形性膝関節症は、男女を比較すると女性に多く見られる病気です。
はじめの頃は、ごく普通の動きである、立つ、しゃがむ、座るなどの行動を行った時に、膝の内側に痛みを感じます。
長時間立っていたり、歩いた時なども痛みます。更に病気が進行すると、歩くことさえもままならないような痛みを感じたり、正座ができない、階段が上がれなくなるなど強い痛みを感じるようになってきます。

中には、膝に関節液がたまり腫れる方もいて、日常生活が難しくなる場合もあります。
また、もともとO脚の方やX脚の方は、それが更に悪化することもあります。

変形性膝関節症の原因は、2つあると考えられています。
1つは、加齢によるもの。
関節が老化した為に起こります。
その為、年齢が上がるごとに患者さんが多くなります。

また、体型を見ても痩せている方よりも太っている方に多く見られます。
健康な状態の膝であれば、関節が軟骨で覆われているので、クッションの役目を果たし衝撃を防ぐことができます。
しかし、軟骨がすり減ってしまうとクッションの働きができないので、炎症が起こり痛みを感じるようになるのです。

もう1つの原因は、骨折や十字靱帯損傷、関節の変形、炎症などです。
いずれにしても、気になる症状や痛みがある時は早めに医療機関に行くことをお勧めします。
そのままにしておくと、悪化させてしまいます。
整形外科にて受診してください。

治療法

治療にはいくつかの方法があります。
一つは、痛みどめを服用しながら、ぬり薬や湿布などを用いる方法です。
サポーターや足底装具なども用います。

膝に関節液が溜まっている時は、それを取り除いてから、ステロイド薬やヒアルロン酸を注入することもあります。
手術を行う場合は、関節内の滑膜を切除したり、半月板損傷など治療の為の手術を行ったりします。
更に、必要によっては人工膝関節手術を行うこともあります。

変形性膝関節症を防ぐ為には、日頃から気を付けておきたいことがあります。
それは、できるだけ膝に負担をかけないようにするということです。
太り過ぎていると、やはりどうしても膝に負担がかかりますから、太らない工夫も必要でしょう。

それに、大腿四頭筋を鍛えることも必要です。
太ももの前側を鍛えてみましょう。
また痛みを予防するには、ストレッチするなどして太ももの裏側を伸ばすことも効果的です。

変形性膝関節症というと、高齢者に多い病気のようなイメージがある方もいるかもしれません。
確かに、70歳以上の方のおよそ7割の方が変形性膝関節症とも聞きます。
しかし、女性は40代から始まる方もいるとのこと。

医師から許可が出たら、スクワットを行うなどしながら、太ももの筋肉を鍛えるのも効果的です。
ゆっくりとやってみてください。