狭心症

Home / 狭心症 - , by grega7uk

長く続く痛みが特徴

狭心症とは心臓へ栄養を届ける大事な血管である冠動脈の血流が不足してしまうことにより、心臓に酸素が不足してしまう病気です。
これによって、狭心症の痛みが生じるようになります。
冠動脈が動脈硬化により血流が阻害されてしまうことにより原因となることが多いのですが、冠動脈が収縮して縮んでしまうことによって引き起こされるタイプもあります。

普通は労作狭心症という労作時に引き起こされる症状が一般的です。
急いで歩いていたり、階段を登っていたり、興奮している時に、心臓に圧迫感が生じてしまいます。
痛みに関しては左肩や腕、あるいは顎まで広がることがあり、胃の痛みのように感じることもあります。

どこが痛いのかがはっきりとしないことが多いのが特徴的です。
そのため、痛みのある場所を指ではっきりと指し示せる場合には狭心症ではないと考えていいでしょう。
症状は数十秒から数分程度持続してしまうことが多いです。

そのため、数秒程度の痛みであれば狭心症ではありません。
安静時狭心症といって労作とは関係なく痛みが生じる場合もあります。
こちらは冠動脈が収縮することによって引き起こされるものです。

狭心症になりやすい方としては、高血圧や糖尿病、高コレステロール血症の方は気をつけましょう。
また、基本的に男性の方がかかりやすいとされています。
喫煙や運動不足、肥満といった要素も関係があります。

狭心症の検査をするためには心電図や運動負荷検査、ホルター心電図、冠動脈造影といった方法があります。
もし自分が狭心症にかかっている可能性があると考えるならば、すぐに検査を受けるべきでしょう。

狭心症の治療について

狭心症が引き起こされてしまう原因は動脈硬化のため、動脈硬化を元に戻すことは現在では不可能となっています。
したがって、これ以上動脈硬化が進まないように努力することが大切です。
高血圧や糖尿病の治療をして、体重が増加しないように気をつけて、適度な運動をしたり禁煙をすることでリスクを減らせます。

治療法としては薬物療法やカテーテルインターベンション、バイパス手術といった方法があります。
狭心症の薬として用いられるものには、硝酸薬や交感神経β遮断薬、カルシウム拮抗薬などがあります。
また、アスピリンのような抗血小板薬もよく用いられます。

薬によって血管を緩めて、それによって心臓への負担を減らして、血液が固まらないようにします。
カテーテルインターベンションとは、カテーテルを狭窄部まで持って行って、そこで拡張させることによって血管を広げます。
バイパス手術とは、薬物療法の効果がなくて、カテーテルインターベンションができない時に行われるものであり、バイパスする通路を作りそこに血液を流す方法です。