褥瘡

Home / 褥瘡 - , by grega7uk

寝た切りの弊害

介護をする際に注意するべき病気の一つとして褥瘡があります。
これは圧迫が持続することによって、組織への血流が減少し、虚血状態に陥ったり、低酸素状態になり、やがては組織が壊死してしまうことです。
いわゆる床ずれのことであり、寝たきりの方がなりやすい病気です。

体位を自分で変えることができない方は、特定の部分を圧迫してしまうため、褥瘡になりやすいです。
特に足の踵や腰の仙骨部、その他にも骨が突出している部分は圧迫されやすいです。
もし栄養不良状態になっていると、傷が治りにくくなるため、慢性化しやすいです。

皮膚が赤みをおびるようになったり、ただれてしまったり、傷がついてしまうことがあります。
普通の方は寝ている時でも無意識のうちに寝返りを打ったり、椅子に座っている方は意識的にお尻を浮かせるため、褥瘡にはならないです。
しかし、介護を受けなければいけない方は、体位を変えることができないために褥瘡が生じやすいです。

また、皮膚が弱くなっていたり、栄養状態が悪い方は、圧迫だけではなくずれや摩擦などの刺激によって褥瘡になってしまうケースもあります。
骨盤骨折や脳血管疾患、糖尿病、脊髄損傷などの病気にかかっている方も褥瘡には気をつけましょう。

褥瘡への対処について

褥瘡ができやすい部位の皮膚が赤くなっている場合は、そこが褥瘡になっている可能性を考えましょう。
人差し指でその部位を3秒ほど圧迫した時に白く変化する場合は正常な状態です。
褥瘡の場合はたとえ指で押したとしても赤みが消えないのが特徴です。

褥瘡の疑いがある場合には、その部位を圧迫してしまわないように体位を変換しましょう。
実際に手を入れてみて、圧迫されていないのかを確認すると良いでしょう。
また、褥瘡の可能性があるならばすぐに医師や看護師に相談をするべきです。

褥瘡を避けるためには定期的に体位を変換することが必要です。
2時間を超えないようにしながら体位を変えることが大切です。
これ以上時間が経過してしまうと褥瘡になってしまう可能性があります。

きちんと皮膚を洗浄して、皮膚を保護するためにクリームを使うことをおすすめします。
肌の状態が悪くなっていると、それだけで褥瘡になりやすくなるからです。
皮膚を洗浄する時にはこすりすぎないように気をつけましょう。

高齢者の皮膚はかなり弱い状態となっているため気をつけるべきです。
褥瘡の治療は皮膚科や形成外科、外科や内科などさまざまな診療科で対応しています。
治療の方法としては、薬を用いるのが一般的です。

あまりにも酷い場合には外科的治療を施すこともあります。
大事に至らないうちにきちんと予防をしながら褥瘡への対処をすると良いでしょう。