高血圧

Home / 高血圧 - , by grega7uk

自覚症状がほとんどない

血圧を気にされている方が多いかと思います。
高血圧は、生活習慣病の一つ。
現在、日本には高血圧の方が3000万人以上いるとされています。
ではどれくらいの数値が高血圧になるのかと言うと、最高血圧が140mmHg以上であるか、または最低血圧が90mmHg以上の場合です。

高血圧が怖いのは、血圧を計らない限りこれといった自覚症状がほとんどない為気づけないところです。
しかしながら、血圧がとても高くなってしまう高血圧緊急症になると、至急血圧を下げる治療を行わなければ命に係わります。
高血圧緊急症になると、意識障害や呼吸困難などが見られます。
また、高血圧緊急症でない場合でも、高血圧を放置していれば、心臓病や脳卒中、腎障害に繋がることもありますから、早めに治療をする必要があります。

種類は2つ

高血圧には2種類あります。
1つは、「本態性高血圧」と呼ばれており、こちらははっきりとした原因が分かっていません。
しかしながら、生活習慣に関係していると見られています。
塩分の強いものを多く摂っていたり、タバコやアルコールの大量摂取、運動不足なども本態性高血圧の原因になると考えられます。

日本人には、この本態性高血圧が圧倒的に多く見られます。
また、高血圧を引き起こすもう1つの原因が「二次性高血圧」です。
こちらは、何らかの病気の為に発生するもので、中でも腎臓病によるものが一番多いとされています。
他にも、血管や心臓の弁病気によって起こる「心臓血管性高血圧」や、腎臓への血管が細くなる為に起こる「大動脈炎症候群」、「腎血管性高血圧」などもありますし、クッシング症候群による「内分泌性高血圧」などもあります。

二次性高血圧の場合は、その病気を治すことができれば高血圧も改善します。
本態性高血圧の場合は、血圧を下げる薬を使うのはもちろんですが、それに合わせて、生活習慣を見直すことも必要になってきます。
食生活を見直すことで塩分を摂りすぎないよう調整したり、運動を積極的に行ったりすることも必要です。
塩をたくさん使用する代わりに、出汁を効かせるなどの方法もお勧めです。

ストレス、タバコ、アルコール

また、アルコール量を減らしたり、タバコを止めたりすることも必要です。
そして、もう一つ大切なことがあります。
それは、ストレスを上手に解消することです。

ストレスも高血圧の原因になりますので、自分に合った方法を見つけて、ストレスを溜めないようにしましょう。
今は、手頃な価格で自分でチェックできる血圧計も販売されていますので、こういったものを用意して日々チェックするのも良いでしょう。
家に一つあれば、家族みんなで血圧チェックができます。
血圧は、自覚症状が出にくく発見しづらいということを、是非覚えて頂きたいと思います。