熱中症

Home / 熱中症 - , by grega7uk

屋内外で発症

熱中症は、必ずしも屋外にいる時だけに起こるものではありません。
部屋の中にいる時に起こる場合も多く、屋内にいる場合であっても注意が必要です。
長い時間温度の高い場所にいたり、強い日差しを受けながらいた為に起こります。

また、気温はそれほど高くない場合であっても、湿度が高い日は要注意。
汗が蒸発しにくくなる為、熱が体内にこもってしまい、体温が上昇する為起こるのです。

実は、熱中症は真夏よりも、梅雨あけの時期などの方がなりやすい病気。
湿度が高い日は、除湿したり換気するなどして湿度調整をしましょう。
また、突然気温が高くなった時も要注意です。

熱中症は、大きく4つあります。
体温が上がることで、腎臓が上手く機能しなくなり尿がでなくなってしまう「熱射病」。
熱射病になると、唇や顔色が悪くなり、脈拍は早くて弱くなります。
内臓の機能も正常に働かなくなってしまいます。

また、体温はそれほど高くはなりませんが、筋肉に痙攣が見られる「熱痙攣」。熱痙攣は、運動している時に起こりやすく、脈拍は早くて弱くなります。
同じく、体温に上昇は見られませんが血圧低下が起こる「熱失神」。
こちらも、運動時に多く見られ脈拍は早くて弱くなります。

そして、いわゆる夏バテのような「熱疲労」。
熱疲労は、暑さによって疲れてしまうことで起こります。
体調が良くない時になりやすく、めまいや吐き気、頭痛、倦怠感などが見られます。

体を冷やし、脱水対策を

それぞれ、治療方法が異なります。
熱射病になった場合は、早急に体を冷やします。
足の付け根やワキなどをはじめ、風を当てるなどしながら体を冷やします。
また、脱水についても改善します。

救急車を呼ぶなどして病院に連れて行ってください。
熱痙攣の場合は、塩分が足りない状態になっていますので、塩分を含んでいる飲料などで補給しつつ、涼しい所で休みます。
症状が重いような時は、病院で点滴を受けるなどします。

熱失神の場合は、水分をしっかりと摂って涼しい所で静かに休みます。
症状が重い時は医療機関へ。
熱疲労になったら、塩分を含んでいるイオン飲料を飲み、医療機関へ。
いずれにしても、熱中症になったらすぐに的確な対応が必要になってきます。

まずは、涼しい所へ移動させて、衣服をゆるめて寝かせてください。
意識がある状態であれば、スポーツ飲料などを飲ませてください。
吐き気や頭痛、倦怠感を訴えてきたり、意識がはっきりしていないような時は、至急救急車を呼びましょう。

熱中症を防ぐ為には、暑さや湿度対策はもちろん、水分と適度の塩分補給も必要です。
熱い季節、外で運動する時は無理をせずに休みながら行うように。
また、喉が乾いてから水分を摂るのではなく、乾く前に飲むように心がけることも大切です。