白内障

Home / 白内障 - , by grega7uk

進行すれば視力低下にも

白内障は老人がなりやすい症状の一つです。
人間の眼はカメラに例えることができるのですが、その中でも水晶体はレンズの役割を果たしておりとても重要な部分です。
この水晶体が光を網膜にきちんと届けてくれます。

これによってピントを合わせることが可能となります。
本来、水晶体は無色透明なのですが、これがにごってしまうのが白内障の症状です。
白内障になってしまうと、レンズが汚れた状態で写真を撮ることになるため、かすんで見えるようになります。

水晶体は水やタンパク質、ミネラルによって構成されています。
このうちタンパク質がさまざまな原因によって大きくなってしまうと、水に溶けることができなくなり、水晶体が白濁してしまいます。
また、タンパク質に含まれるアミノ酸が分解されてしまい、それによって黄褐色になってしまうことでにごりの原因となるケースもあります。

加齢により白内障になってしまうことが最も多いケースです。
他には、遺伝やアトピー、糖尿病、放射線など色々な原因があることが分かっています。

白内障になってしまうと、かすんで見えるようになったり、物が二重や三重に見えるようになり、まぶしさを感じやすくなります。
さらに進行すると視力低下が激しくなります。
暗いところで物が見えにくくなったり、近くが見えやすくなる場合もあります。

白内障の進行によって炎症を起こしたり、緑内障を引き起こす場合もあります。
病院へ行けば、どれくらい白内障が進行しているのかが分かります。
白内障と同時に他の病気が進行していることもあるため、早めに病院で診断を受けることが大切です。

白内障の手術

白内障の治療は手術によって行われます。
手術の方法とは、白内障の原因となっているにごりを取り除いて、網膜に光が届きやすくします。
光がきちんと通るようにあれば、視力が回復して、日常生活での支障がなくなるでしょう。

視力がどの程度回復するのかはさまざまな状況によります。
他の病気を発症している場合には白内障の手術をしたとしても、完全に視力が改善されるとは限りません。
また、たとえ白内障の手術をしたとしても老眼が治るわけではありません。

かすみ目になるようになったら、すぐに眼科を受診しましょう。
そして、白内障になっていないのか、他の病気にかかっていないのかを調べてもらうべきです。
白内障だけの場合は、経過観察をして手術に適した時期がくるのを待つとよいでしょう。

白内障はそれほど恐れるべき病気ではないのですが、きちんと発見することが大切です。
高齢者の方は自分が白内障にかかる可能性があることをきちんと理解するべきでしょう。