糖尿病

Home / 糖尿病 - , by grega7uk

どんな病気か

糖尿病は、慢性的に血糖値が高くなる病気です。
ホルモンの一つであるインスリンが足りなくなったり上手く作用しなかったりすると、食事などから摂ったブドウ糖が処理されなくなってしまい、その結果血液の中にブドウ糖が蓄積されていくことになります。
そのせいで血糖値が高くなってしまうのです。

糖はその後、尿の中に混ざるようになってきます。
これが糖尿病です。
糖尿病が怖いのは、はじめ自覚症状がないことです。
しかし、糖が尿に混ざっている状態が長く続くようになってくると、自覚症状も出てきます。

例えば、今までよりもトイレに行く回数が増えたり、尿の排出量が増加したりします。
その為、いつも喉が渇いている状態となり、健康な時よりも多量の水分をとるようになります。
他にも、食べているのに体重が突然減り出したり、おできができやすくなるなどと聞くこともありますし、目がかすんだり歯槽膿漏が悪化したり、怪我をした際なかなか治らないなどの症状も見られることがあります。
いつも疲れている状態で、体がだる重く感じられるようになります。

危険な合併症

また、糖尿病が怖いと言われる理由はもう一つあります。
それは、命にかかわるような恐ろしい合併症があるからです。
糖尿病が進むと、動脈硬化になりやすくなります。
その為、心筋梗塞や脳梗塞などのリスクも上がるのです。

糖尿病性網膜症になると、目の網膜が毛細血管から出血。
最悪失明する場合もあります。
糖尿病性腎症になると、腎臓の機能が下がってしまい尿毒症に。これは、命にかかわる危険な病気です。

他にも、便秘になったり下痢になる方もいますし、EDの原因になる方もいます。
また、糖尿病神経障害などがあり、手足が痺れたり感覚が鈍くなるなどの症状が見られます。

糖尿病にはⅠ型とⅡ型があり、Ⅱ型の原因は、過食や太り過ぎのほか、運動不足や過度のストレス、妊娠などが考えられます。
Ⅰ型は、自己免疫やウィルス感染などが原因です。
こちらは、比較的若い方や子供に見られる病気です。

治療は、症状に合わせてインスリン注射を使います。
また、Ⅱ型の場合は食事療法と運動療法を行いつつ、必要な場合はお薬を用います。

糖尿病を予防する為には、食事の栄養バランスを見直すとともに、カロリー摂取量も少なめに抑えることも必要です。
また、食物繊維をたっぷりと摂るようにすることも大切。
食物繊維は、糖の吸収をゆっくりさせることができますので、血糖値の上昇も穏やかにさせることができます。

また、アルコールの摂り過ぎやタバコもNG。
睡眠不足も是非解消すべきです。
運動するなら、是非有酸素運動を行ってください。
毎日、無理なく気持ち良く運動を続けましょう。
これでストレスも解消し、みんなで糖尿病を防いでいきたいものです。