脳梗塞

Home / 脳梗塞 - , by grega7uk

脳梗塞の種類

脳梗塞は、脳の中にある動脈が詰り血が流れなくなってしまう為に起こる病気です。
血液が行き渡らなくなった部分は、酸素や栄養が届かず壊死してしまいます。

脳梗塞には2つあります。
1つは、脳の中に血栓ができたことにより血管がつまる「脳血栓」です。
脳血栓は、静かにしている時に起こることが多いと言われています。

寝ている時にも、起こる場合が少なくありません。
そこから、だんだん時間と共に症状が悪化していくもが特徴です。

もう1つは、脳以外でできた血栓が脳まで流れ着いて血管が詰まってしまうといったもの。
これを「脳塞栓」と言います。
脳塞栓は、発作が起こるとあっという間に症状が激しくなります。

脳梗塞は3種類あります。
1つは、「ラクナ梗塞」と呼ばれるもので、脳内の細い血管が詰まったものです。
原因は、加齢や高血圧です。

もう1つは、「アテローム血栓性脳梗塞」と呼ばれるもので、脳内などにある太い血管が動脈硬化になり起こります。
こちらは、加齢や高血圧の他、糖尿病や高脂血症などが原因です。
「心原性脳塞栓症」は、心臓にできた血栓が脳まで流れ着き、血管を詰まらせてしまったものです。
脳梗塞になると、意識障害や半身のまひ、感覚の低下、吐き気、めまいの他、視野の半分だけが見えなくなったり、物が二重に見えたりすることもありますし、言語障害が起こったりすることもあります。

治療に付いて

突然倒れた時は、すぐに救急車を呼ぶ必要があります。
病院では、薬を使った治療を中心に進められます。
血栓を溶かしたり、脳圧を下げたりする治療が行われる他、むくみを取り除いたり再発を防いだりする薬を使ったりします。

また、場合によっては手術になることもあります。
治療を受けてまた以前のように戻る方も多いのですが、中には後遺症が残ってしまう方もいます。
言葉を伝えたり相手の言葉を理解したりするのが難しくなる、言語障害。

感覚障害、嚥下障害。半身のまひが残ってしまうこともあります。
また、認知症のような症状が現れる「認知障害」もあります。
できるだけ後遺症を残さないように、早めに発見して的確な治療を受けるべきです。

脳梗塞を防ぐ為には、高血圧を放置しておかないことも大切です。
また、EPAやDHAを多く含んでいる魚を食べるようにするのもお勧め。
いわゆる青魚は、特にたくさん食べて頂きたい食材です。
他にも、納豆や酸っぱいものも脳梗塞を防ぐ食べ物です。

また、ドロドロの血液の方は、サラサラの健康な血液の方に比べて脳梗塞のリスクが高いと言われています。
水分をたっぷりと摂ること、運動を心がけること、太り過ぎないこと、禁煙すること、アルコールを飲み過ぎないことも必要です。
また、脳梗塞は朝起こることが少なくないので、起床した際ろれつが回らない、半身に痺れがある、めまいがあるなど気になることがある時は、受診してください。